*

学研ムー別冊「マインドパワー」(昭和62年刊)にタンクが掲載!

アイソレーションタンクを紹介している古い記事を見つけました。

というか、アイソレーションタンクの記事を読んだような記憶がうっすらとある雑誌のバックナンバーを片っ端から購入して、ようやくタンクの記事にたどり着きました。1987年7月の記事ですが、Wikipediaに書いてある原宿の施設とは違います。というか、この記事の他の施設紹介には、原宿はありませんね。

 

mindpower

 

株式会社学習研究社を略して学研と言いますが、学研が発行しているオカルト雑誌「ムー」の別冊として刊行された「マインド・パワー」という雑誌の記事です。発売されたのは、1987年/昭和62年になります。

貴重な資料なので、ブログで紹介したくて学研のお客様センターに転載許可と著作権使用料について相談したところ、残念ながら許可が得られませんでした。でも、問い合わせ内容には大変ていねいに回答をいただきました。

~
この企画の担当者がすでに退職しており、
現在、記事の筆者等にこちらからは連絡が取れません。
たいへん恐縮ですが、以上のような状況ですので、
こちらからは、許可を出すことができません。
~

との事。そりゃ約30年も昔の話ですからね。

記事の執筆者、モデルさん、カメラマンさん、インタビューを受けたタンクサロンのスタッフなどなど、皆さんお元気なのでしょうかね。

厳密に言うと、このブログに掲載している写真もダメなんですが大目に見てください(笑)。

時間があればWikipediaも更新しておかなければ。。。

と思ってWikipediaを見たら、いつの間にか自由が丘にタンクができていてビックリ!どうやら老舗の施療院に設置されたようですね。

関連記事

アイソレーションタンク(フローティングタンク)の購入について

アイソレーションタンクっていくらですか? という質問やタンクサロンを経営したいと言う人がいるので詳

記事を読む

アイソレーションタンク(フローティングタンク)体験談-錯覚する脳(5)

C君の場合 まず、はじめに俗っぽい言い方をすると、非常にリラックスできて気持ちよかったです。ま

記事を読む

アイソレーションタンクとは?(3)

アイソレーションタク(フローティングタンク)の内部の大きさはというと ■i-sopodの場合

記事を読む

アイソレーションタンク(フローティングタンク)体験談-錯覚する脳(6)

最後に著者である慶応義塾大学大学院教授の前野隆司氏の体験と考察を何度かに分けて取り上げたいと思います

記事を読む

アイソレーションタンクとは?(2)

アイソレーションタンクの大きさは、 ■i-sopodの場合 本体 幅 170cm 

記事を読む

アイソレーションタンク(フローティングタンク)体験談-錯覚する脳(7)

著者である慶応義塾大学大学院教授の前野隆司氏の体験と考察。その2 聴覚 つぎに聴覚について比

記事を読む

アイソレーションタンクとは?(6)

それではエプソムソルトは水(お湯)にどれだけ溶けるのでしょうか? 先に重量のところで説明したよ

記事を読む

パラメモリー、アルファシータ

実はつい最近MegaBrain(Michael Hutchison著)の翻訳本が出ていることに気がつ

記事を読む

アイソレーションタンクとは?(フローティングタンクとは?)(1)

日本で入れるアイソレーションタンク(フローティングタンク・SensoryDeprivationTan

記事を読む

楽園セラピー

優しく 劇的に 明日が 変わる! 「楽園セラピー」永田広美著、三笠書房 にアイソレーシ

記事を読む

2017年の新年あけましておめでとうございます。

新年あけましておめでとうございます。 2016年は丙申の年で「専門家

水曜日のカンパネラ・コムアイさんの体験談

水曜日のカンパネラの主演・歌唱担当コムアイさんのアイソレーションタンク

閉所恐怖症とアイソレーションタンク

知り合いからの問い合わせで、 「閉所恐怖症なんですが大丈夫ですか

no image
Leena KROHN(レーナ・クルーン)著「偽窓」

「偽窓」という面白い小説を手に入れました。 著者はLeena K

フローティングタンク入門ガイド

フロートセンターのお客様である、マガリさんがアイソレーションタンク(フ

→もっと見る

PAGE TOP ↑