*

楽園セラピー

優しく 劇的に 明日が 変わる! 「楽園セラピー」永田広美著、三笠書房 にアイソレーションタンクが紹介されていました。    1960年頃に開発されたヒーリング・セラピ

続きを見る

アイソレーションタンクの30分で人生が変わった!

イースト・プレス出版から出ている「劇的クリエイティブ講座」に、佐藤可士和氏と水口哲也氏の対談があり(ライブトークイベントの書籍化)その中で、水口氏は、「アイソレーションタンクの30分で人生が変わった」

続きを見る

アイソレーションタンク(フローティングタンク)の購入について

アイソレーションタンクっていくらですか? という質問やタンクサロンを経営したいと言う人がいるので詳しく解説したいと思います。 まずは、アイソレーションタンクがどんなものなのかきちんと把握しまし

続きを見る

アイソレーションタンク(フローティングタンク)体験談-錯覚する脳(8)

これで最後となります。 瞑想の境地 私がタンクに最も期待したのは、リリー博士のように、宗教的悟りの境地のような、夢を見ているような、あるいはトランス状態のような神秘的な体験をできるのではないか

続きを見る

アイソレーションタンク(フローティングタンク)体験談-錯覚する脳(7)

著者である慶応義塾大学大学院教授の前野隆司氏の体験と考察。その2 聴覚 つぎに聴覚について比べよう。 私が(感覚遮断タンク)アイソレーションタンクを体験してみたいと思った理由の一つは、心臓や

続きを見る

アイソレーションタンク(フローティングタンク)体験談-錯覚する脳(6)

最後に著者である慶応義塾大学大学院教授の前野隆司氏の体験と考察を何度かに分けて取り上げたいと思います。 私の場合 三人の体験を順に見ていくと、A君よりもB君、B君よりもC君の方が、興味深い体験

続きを見る

アイソレーションタンク(フローティングタンク)体験談-錯覚する脳(5)

C君の場合 まず、はじめに俗っぽい言い方をすると、非常にリラックスできて気持ちよかったです。まさに、リラクゼーションマシンでした。全体的な感想として、感覚遮断の度合いが四段階に分かれて進行したよ

続きを見る

アイソレーションタンク(フローティングタンク)体験談-錯覚する脳(4)

B君の場合 視覚について ・視覚は完全に遮断されました ・目を開けた場合と閉じた場合はほぼ同じ暗闇ですが、目を閉じた場合はやや赤みがかかった感じがしました(これは、アイソレーションタンク

続きを見る

アイソレーションタンク(フローティングタンク)体験談-錯覚する脳(3)

「錯覚する脳」(ちくま文庫)前野隆司著からの抜粋です。 A君の場合 視覚について アイソレーションタンク内は完全な暗闇だったと思います。アイソレーションタンクに入って数分後、意識しないと、ま

続きを見る

アイソレーションタンク(フローティングタンク)体験談-錯覚する脳(2)

続き  リリー博士自身は、このタンクに入る事によって、宗教的悟りの境地のような、夢を見ているような、あるいはトランス状態のような、神秘的な体験をすることができたのだという。 また、かつては、物

続きを見る

2017年の新年あけましておめでとうございます。

新年あけましておめでとうございます。 2016年は丙申の年で「専門家

水曜日のカンパネラ・コムアイさんの体験談

水曜日のカンパネラの主演・歌唱担当コムアイさんのアイソレーションタンク

閉所恐怖症とアイソレーションタンク

知り合いからの問い合わせで、 「閉所恐怖症なんですが大丈夫ですか

no image
Leena KROHN(レーナ・クルーン)著「偽窓」

「偽窓」という面白い小説を手に入れました。 著者はLeena K

フローティングタンク入門ガイド

フロートセンターのお客様である、マガリさんがアイソレーションタンク(フ

→もっと見る

PAGE TOP ↑