*

自己受容感覚(第六感)とは

自己受容感覚とは、動作においてバランス、位置、緊張を感知する感覚です。

五感は一般的に、聴覚、視覚、嗅覚、味覚、触覚を指します。20世紀半ば、神経生理学者がそこに自己受容感覚という「第六感」を付け加えました。第六感は、空間における身体のバランス、位置、動きを感知する感覚のことです。この感覚は、関節の受容体、筋肉、内耳のバランス器官から情報のインプットによって得られます。

自己受容感覚(proprioception)を文字通り訳すと、「身体内部を感じる」という意味になります。またこの感覚は、「身体の目」と呼ばれることもあります。第六感があれば、自分の空間における位置と質量が分かり、またその場所にとどまるために筋肉がどれほど緊張しているかに気づくことができます。

日中の動作の大半は無意識に行われ、考える必要がまったくありません。この能力のおかげで、どんな状況でも、あるいはどんな仕事が課せられても、すべきことに完全に集中することができます。これは非常に便利な状態です。しかし、筋肉を過度に収縮したときに受け取るべき、身体からのフィードバックを拒否してしまうという欠点もあります。

人間の生活は、感覚から絶えず刺激を受けます。生活のスピードが増し、外的世界から受ける要求に応えようとするにつれて、「筋肉が収縮して疲労している」という体内からの感覚的メッセージを、無視し始めることがあります。同様に、緊張状態が正常かつ自然な状態とさえ感じるようになり、身体のプログラムにしっかりと組み込まれてしまうことがあるのです。

第六感への理解を深めると、大きな利点が得られます。まず身体の調子やバランスがより整います。また悪い影響を生む身体の使い方をすると、すぐに気がつくようになります。これによってストレスレベルをコントロールしやすくなります。また姿勢と感情の関連性に注意するようになり、そのフィードバックを利用して、健康を持続することができます。

(ガイアブックス発行 実践アレクサンダー・テクニークより抜粋)

アイソレーションタンクのフローティングにより、第六感をリラックスさせ、また第六感への理解を深めることでストレスをコントロールすることが出来るようになります。

ジョン・C・リリー博士は、アイソレーションタンクと自己受容感覚についてこのように述べています。「神経活動の90%は、どこに重力があるのか、どちらの方向を向いているのか見極めること、そして どう動けば倒れずに済むのかを考えることに費やされている。タンクで浮き始めると、それまでずっとしてきていた、あらゆる重力計算から即座に解放されるた め、今まで分散されてきた意識の集中(無意識にも含む)が解放され、それらのすべてが一つのことに向かい集中されることに気づく、それはまるで、月と地球 のどこか中間に浮かんでいて、自分にかかる引力が全くないな状態だ。もちろん動けば自分がどこにいるのかはわかる。しかし動かなければ、周りの世界は全て 消え、事実上自分の体を全く感じなくなるのだ。」

関連記事

「第三の脳」~自我を作る皮膚~

「第三の脳」傳田光洋著朝日出版社刊にアイソレーションタンクの話が出てきますので紹介したいと思います。

記事を読む

Mami(Podcast「バイリンガルニュース」MC)さんの体験談

Mami(Podcast「バイリンガルニュース」MC)さんのアイソレーションタンク体験談が、幻冬舎p

記事を読む

魂の再起動~魂の声に?耳を澄まし、未来を見通す方法~

「魂の再起動」高城剛著マガジンハウス刊 にアイソレーションタンクの話が出てるので紹介したいと思

記事を読む

アイソレーションタンク(フローティングタンク)体験談-錯覚する脳(8)

これで最後となります。 瞑想の境地 私がタンクに最も期待したのは、リリー博士のように、宗教的

記事を読む

アイソレーションタンクの効果1~ストレスの軽減~

メガブレイン―脳の科学的鍛え方(マイケル ハッチソン著 総合法令出版)より アイソレーションタ

記事を読む

アイソレーションタンクの効果16~依存症・中毒の治療~

「メガブレイン―脳の科学的鍛え方」(マイケル ハッチソン著 総合法令出版)より 興奮レベルを下

記事を読む

アイソレーションタンク(フローティングタンク)体験談-錯覚する脳(3)

「錯覚する脳」(ちくま文庫)前野隆司著からの抜粋です。 A君の場合 視覚について アイソレ

記事を読む

アイソレーションタンクの効果3~深いリラクゼーション~

「メガブレイン―脳の科学的鍛え方」(マイケル ハッチソン著 総合法令出版)より アイソレーショ

記事を読む

アイソ-レションタンクと感覚遮断の研究の歴史(4)

ジョン・C・リリー博士は半年かけて装置を開発し、1954年の暮れから自分自身を被験者にして実験を開始

記事を読む

ジョン・C・リリー博士のインタビュー

アイソ-レーションタンクを作ったジョン・C・リリー博士のインタビューです。 ■ 現代ジャーナル 「

記事を読む

Message

2017年の新年あけましておめでとうございます。

新年あけましておめでとうございます。 2016年は丙申の年で「専門家

水曜日のカンパネラ・コムアイさんの体験談

水曜日のカンパネラの主演・歌唱担当コムアイさんのアイソレーションタンク

閉所恐怖症とアイソレーションタンク

知り合いからの問い合わせで、 「閉所恐怖症なんですが大丈夫ですか

no image
Leena KROHN(レーナ・クルーン)著「偽窓」

「偽窓」という面白い小説を手に入れました。 著者はLeena K

フローティングタンク入門ガイド

フロートセンターのお客様である、マガリさんがアイソレーションタンク(フ

→もっと見る

PAGE TOP ↑