*

アイソ-レションタンクと感覚遮断の研究の歴史(4)

ジョン・C・リリー博士は半年かけて装置を開発し、1954年の暮れから自分自身を被験者にして実験を開始しました。リリー博士の当時最大の関心事は、脳が意識を保つために、外部の感覚刺激が必要なのか否かということでした。

リリー博士がタンクの中に入ると、すぐにその答えがわかりました。意識ははっきりしていており、眠気は全く起きなかった。感覚刺激がなくても脳は機能し、意識を保つことができたのです。そして、その意識状態は独特なものでした。

その時の意識は、外部からの情報を完全に抜きにして、内部情報を内部で処理したものだけによって構成されていました。自分のあらゆる記憶、考え、感情、意志など、心の中にあるものすべてが、様々な形をとって意識の上にあらわれてきました。それは想像以上に豊かで奇妙なものでした。その内容を彼の著書「意識の中心」「サイエンティスト」(いずれも平川出版社刊)から引用します。

「夢を見ているような状態、トランスに似た状態、神秘的な状態を私は体験して。これらすべての状態において、私は完全無欠で、中心を持ち、そこにいた」(「意識の中心」)

 その状態は、宗教的神秘体験と同じ状態、宗教的悟りが得られた状態、ニルヴァーナ(涅槃)に入った状態と同じだったともいう。このアイソレーションタンクの体験はそういった精神状態をもたらすだけでなく、肉体的に深いリラクゼーションを与え、ストレスを取り去る効果があるというので、後に簡易タイプ(水中マスクは使わない)のものが、「サマディータンク」の名前の元に商品化されるようになりました。

日本では東京白金と池袋の2カ所でこの「サマディータンク」に入ることができます。

5120HJniidL._SL500_AA300_

51dHBOMqDnL._BO2,204,203,200_PIsitb-sticker-arrow-click,TopRight,35,-76_AA300_SH20_OU09_

関連記事

アイソレーションタンク(フローティングタンク)体験談-錯覚する脳(5)

C君の場合 まず、はじめに俗っぽい言い方をすると、非常にリラックスできて気持ちよかったです。ま

記事を読む

アイソレーションタンクの効果8~ヴィジュアライゼーション[積極的視覚化]後半~

「メガブレイン―脳の科学的鍛え方」(マイケル ハッチソン著 総合法令出版)より アイソレーショ

記事を読む

魂の螺旋ダンス

「魂の螺旋ダンス」第三書館 長澤靖浩著 にアイソレーションタンクの事が書いてありました。 スウェ

記事を読む

アイソレーションタンクの効果13~学習のためのアイソレーションタンクの利用・タンク前学習~

「メガブレイン―脳の科学的鍛え方」(マイケル ハッチソン著 総合法令出版)より これまでの様々

記事を読む

アイソレーションタンクの効果7~ヴィジュアライゼーション[積極的視覚化]前半~

「メガブレイン―脳の科学的鍛え方」(マイケル ハッチソン著 総合法令出版)より アイソレーショ

記事を読む

アイソレーションタンクと感覚遮断研究の歴史(8)

二人のガイドをどう解釈するかはともかく、このような意識の領域が存在することに興味を引かれて,リリーは

記事を読む

「ぼーっとする」事の重要性

何かに集中しておらず、ぼーっとしているときの脳を調べた既存の研究で、活動中のときと比べてはるかに活性

記事を読む

Mami(Podcast「バイリンガルニュース」MC)さんの体験談

Mami(Podcast「バイリンガルニュース」MC)さんのアイソレーションタンク体験談が、幻冬舎p

記事を読む

閉所恐怖症とアイソレーションタンク

知り合いからの問い合わせで、 「閉所恐怖症なんですが大丈夫ですか?」 というのがありまし

記事を読む

アイソレーションタンクの効果6~被暗示性の高まり~

「メガブレイン―脳の科学的鍛え方」(マイケル ハッチソン著 総合法令出版)より アイソレーショ

記事を読む

Message

2017年の新年あけましておめでとうございます。

新年あけましておめでとうございます。 2016年は丙申の年で「専門家

水曜日のカンパネラ・コムアイさんの体験談

水曜日のカンパネラの主演・歌唱担当コムアイさんのアイソレーションタンク

閉所恐怖症とアイソレーションタンク

知り合いからの問い合わせで、 「閉所恐怖症なんですが大丈夫ですか

no image
Leena KROHN(レーナ・クルーン)著「偽窓」

「偽窓」という面白い小説を手に入れました。 著者はLeena K

フローティングタンク入門ガイド

フロートセンターのお客様である、マガリさんがアイソレーションタンク(フ

→もっと見る

PAGE TOP ↑