*

アイソ-レションタンクと感覚遮断の研究の歴史(4)

LINEで送る
Pocket

ジョン・C・リリー博士は半年かけて装置を開発し、1954年の暮れから自分自身を被験者にして実験を開始しました。リリー博士の当時最大の関心事は、脳が意識を保つために、外部の感覚刺激が必要なのか否かということでした。

リリー博士がタンクの中に入ると、すぐにその答えがわかりました。意識ははっきりしていており、眠気は全く起きなかった。感覚刺激がなくても脳は機能し、意識を保つことができたのです。そして、その意識状態は独特なものでした。

その時の意識は、外部からの情報を完全に抜きにして、内部情報を内部で処理したものだけによって構成されていました。自分のあらゆる記憶、考え、感情、意志など、心の中にあるものすべてが、様々な形をとって意識の上にあらわれてきました。それは想像以上に豊かで奇妙なものでした。その内容を彼の著書「意識の中心」「サイエンティスト」(いずれも平川出版社刊)から引用します。

「夢を見ているような状態、トランスに似た状態、神秘的な状態を私は体験して。これらすべての状態において、私は完全無欠で、中心を持ち、そこにいた」(「意識の中心」)

 その状態は、宗教的神秘体験と同じ状態、宗教的悟りが得られた状態、ニルヴァーナ(涅槃)に入った状態と同じだったともいう。このアイソレーションタンクの体験はそういった精神状態をもたらすだけでなく、肉体的に深いリラクゼーションを与え、ストレスを取り去る効果があるというので、後に簡易タイプ(水中マスクは使わない)のものが、「サマディータンク」の名前の元に商品化されるようになりました。

日本では東京白金と池袋の2カ所でこの「サマディータンク」に入ることができます。

5120HJniidL._SL500_AA300_

51dHBOMqDnL._BO2,204,203,200_PIsitb-sticker-arrow-click,TopRight,35,-76_AA300_SH20_OU09_

関連記事

「第三の脳」~自我を作る皮膚~

「第三の脳」傳田光洋著朝日出版社刊にアイソレーションタンクの話が出てきますので紹介したいと思います。

記事を読む

アイソレーションタンクの30分で人生が変わった!

イースト・プレス出版から出ている「劇的クリエイティブ講座」に、佐藤可士和氏と水口哲也氏の対談があり(

記事を読む

九州にアイソレーションタンク!

世界のアイソレーションタンク(フローティングタンク)は、こちらのURLで検索が出来ます。 ht

記事を読む

アイソレーションタンク(フローティングタンク)体験談-錯覚する脳(6)

最後に著者である慶応義塾大学大学院教授の前野隆司氏の体験と考察を何度かに分けて取り上げたいと思います

記事を読む

水曜日のカンパネラ・コムアイさんの体験談

水曜日のカンパネラの主演・歌唱担当コムアイさんのアイソレーションタンク体験談を発見しました! ――

記事を読む

アイソレーションタンクとは?(4)

さて、アイソレーションタンクの重さはどれくらいになるのでしょうか? 構成要素は、 1.タ

記事を読む

アイソレーションタンクとは?(フローティングタンクとは?)(1)

日本で入れるアイソレーションタンク(フローティングタンク・SensoryDeprivationTan

記事を読む

Mami(Podcast「バイリンガルニュース」MC)さんの体験談

Mami(Podcast「バイリンガルニュース」MC)さんのアイソレーションタンク体験談が、幻冬舎p

記事を読む

アイソレーションタンクと感覚遮断研究の歴史(9)

最後に立花隆氏のアイソレーションタンク(フローティングタンク)の体験談を「臨死体験(下)」(文春文庫

記事を読む

アイソレーションタンクとは?(2)

アイソレーションタンクの大きさは、 ■i-sopodの場合 本体 幅 170cm 

記事を読む

Message

2017年の新年あけましておめでとうございます。

新年あけましておめでとうございます。 2016年は丙申の年で「専門家

水曜日のカンパネラ・コムアイさんの体験談

水曜日のカンパネラの主演・歌唱担当コムアイさんのアイソレーションタンク

閉所恐怖症とアイソレーションタンク

知り合いからの問い合わせで、 「閉所恐怖症なんですが大丈夫ですか

no image
Leena KROHN(レーナ・クルーン)著「偽窓」

「偽窓」という面白い小説を手に入れました。 著者はLeena K

フローティングタンク入門ガイド

フロートセンターのお客様である、マガリさんがアイソレーションタンク(フ

→もっと見る

PAGE TOP ↑