*

アイソレーションタンク(感覚遮断タンク)体験談-錯覚する脳(1)

LINEで送る
Pocket

「錯覚する脳」(ちくま文庫)前野隆司著には、慶應義塾大学大学院教授の前野氏と研究室の研究員や学生の3人が、当時白金にあったアイソレーションタンクサロンのeccoでフローティングをしたレポートが詳細に書かれています。その内容を数回に分けて抜粋してみたいと思います。書籍のかなりのページ数を割いてレポートされているので、実際の様子を知りたい人は直接読まれた方が良いと思います。個人的には当時のeccoがスピリチュアルに傾倒して、別の角度から見ると怪しいと思われる様子が克明に描写されているので、ちょっと面白いです。

5101gp7uTaL._SL500_AA300_

外からの感覚のクオリアがイリュージョンだとしたら、内側からの感覚である志向性クオリアの方は、何なのだろう?こちらも、イリュージョンなのだろうか? 私(前野教授)と同じような疑問を持った科学者がいた。

外部からの感覚的な刺激をすべて遮断すると、人間はどのようにかんじるのだろうか?ということに興味を持った、アメリカのジョン・C・リリー博士だ。

前に述べたように、外部からの五感情報をすべて取り去るということは、身体の外側の世界の事が何もわからなくなることであり、心の世界は中だけで閉じた世界に陥らざるを得ない事になる。したがって、恒久的にそのような状態に置かれた生物は、一般的にはあり得ない。しかし、何らかの条件下でそのような状態に置かれる事はあるだろう。

たとえば、瞑想状態。瞑想状態は、五感から得られる感覚性クオリアと、内側から沸き上がってくる志向性という邪念を排除し、仏教で言う「空」の状態を目指すもののように思える。

リリー博士は、瞑想状態とは別の方法で、感覚性クオリアを遮断する方法を考案した。すなわち、外部からの感覚を取り去ったときに人はどのように感じるのかをあきらかにするために、1950年代に開発し、1980年代に商品化したアイソレーション(感覚遮断)タンクだ。

感覚遮断タンク(アイソレーションタンク・フローティングタンク)とは、真っ暗なタンクの中に人が入り、感覚の遮断された状態を体験するためのものだ。最初は、液体の中に立って入るものだったが、その後横になって浮かぶものに改良されたという。二十世紀終わり頃には少しブームになり、一時は健康ランドやトレーニングセンターに置かれたりもしていたらしいが、現在はめっきり数も減り、ある人の話によると、日本には現在、東京都京都と、二台しかないという。(注:現在は9カ所あります。)

関連記事

シータ波と記憶、創造的思考

メガブレイン―脳の科学的鍛え方(マイケル ハッチソン 総合法令出版)より シータ波が優勢のときは

記事を読む

アイソレーションタンクと感覚遮断研究の歴史(6)

さて、このリリー博士のアイソレーションタンク(隔離タンク)はかなり有名になり、多くの人が実験に利用し

記事を読む

アイソレーションタンクの効果15~学習のためのアイソレーションタンクの利用・タンク前学習・その3~

「メガブレイン―脳の科学的鍛え方」(マイケル ハッチソン著 総合法令出版)より これまでの様々

記事を読む

アイソレーションタンク(フローティングタンク)体験談-錯覚する脳(4)

B君の場合 視覚について ・視覚は完全に遮断されました ・目を開けた場合と閉じた場合は

記事を読む

アイソレーションタンクと感覚遮断研究の歴史(8)

二人のガイドをどう解釈するかはともかく、このような意識の領域が存在することに興味を引かれて,リリーは

記事を読む

アイソレーションタンクとは?(5)

さて、 アイソレーションタンクの中身についてですが、中に入っている液体(溶液)は硫酸マグネシウ

記事を読む

アイソレーションタンクと感覚遮断研究の歴史(1)

アイソレーションタンク(「臨死体験」では、隔離タンクと表現されています)の開発に関わる感覚遮断の歴史

記事を読む

アイソレーションタンクとは?(7)

さて、 エプソムソルトの飽和水溶液の温度は摂氏34度程度と説明しましたが、 塩分(エプソ

記事を読む

アイソレーションタンクの効果7~ヴィジュアライゼーション[積極的視覚化]前半~

「メガブレイン―脳の科学的鍛え方」(マイケル ハッチソン著 総合法令出版)より アイソレーショ

記事を読む

パラメモリー、アルファシータ

実はつい最近MegaBrain(Michael Hutchison著)の翻訳本が出ていることに気がつ

記事を読む

2017年の新年あけましておめでとうございます。

新年あけましておめでとうございます。 2016年は丙申の年で「専門家

水曜日のカンパネラ・コムアイさんの体験談

水曜日のカンパネラの主演・歌唱担当コムアイさんのアイソレーションタンク

閉所恐怖症とアイソレーションタンク

知り合いからの問い合わせで、 「閉所恐怖症なんですが大丈夫ですか

no image
Leena KROHN(レーナ・クルーン)著「偽窓」

「偽窓」という面白い小説を手に入れました。 著者はLeena K

フローティングタンク入門ガイド

フロートセンターのお客様である、マガリさんがアイソレーションタンク(フ

→もっと見る

PAGE TOP ↑