*

魂の再起動~魂の声に?耳を澄まし、未来を見通す方法~

「魂の再起動」高城剛著マガジンハウス刊

にアイソレーションタンクの話が出てるので紹介したいと思います。この本は、高城剛さんと佐藤界飛氏との対談が1/3を占めています。

この本の帯には、

---身体の不具合は、実は、魂に原因がある。

エネルギー・カウンセラー佐藤界飛氏との対談でも解き明かす、

”心に聞いたカラダの問題の解決法”。

なぜ、高城剛は、希有な直感力を働かせて、

激動の時代を楽しく生きられるのか?

と書いてあります。高城さんと言えば、女優沢尻エリカの元旦那として有名で、イビザ島のガイド本を出すなど、朝からシャンパンを飲んでいるイメージがありますが(私の勝手なイメージですw)、この本を読むと、瞑想をしたり玄米を食べているそうです。

で、アイソレーションタンクが魂のリセット方法として紹介されています。

「アイソレーション・タンク」とうのがあって、要はでかいタンクでそこに人間が入るんですよ。リセットする方法のひとつとして、それもすごくいいですよ。タンクには羊水と同じものを科学的につくった液体が張ってあって、そこに浮くんです。真っ暗で、音も何も聞こえない状態。自分に戻れる感じがする。リセットするっていうのは気を元に戻す、元気になるということだから、瞑想でも、三歳を思い出すでもなんでもいいんだけど、その方法を自分で見つけ出せるかどうかですよね。

その他にも良いことが書いてありました。

ーー瞑想だけをやっていればいいというものでもないのでしょうか?

佐藤

一番いいのは、瞑想を10分から20分くらいやって、運動を同じくらいの時間やって、そのあと5分瞑想することなんです。

運動をしないとわからないでしょうし、瞑想で気分がよくなれないとわからないと思うのですが、瞑想だけやっていてもダメなんですよね。筋トレしてアイソレーションタンクに入るのが良いと思います。

 

関連記事

アイソレーションタンクの効果15~学習のためのアイソレーションタンクの利用・タンク前学習・その3~

「メガブレイン―脳の科学的鍛え方」(マイケル ハッチソン著 総合法令出版)より これまでの様々

記事を読む

アイソレーションタンクの効果まとめ

アイソレーションタンクには、どんな効果があるのか? 1~16までこのページにリンクをまとめまし

記事を読む

アイソレーションタンクの効果9~ヴィジュアライゼーション[積極的視覚化]追加編~

「メガブレイン―脳の科学的鍛え方」(マイケル ハッチソン著 総合法令出版)より アイソレーショ

記事を読む

オープン祝いのクリスタルをいただきました!

Heavenのイベントで何度もお目にかかっているNaoちゃんが白金のフロートセンターまでアイソレーシ

記事を読む

学研ムー別冊「マインドパワー」(昭和62年刊)にタンクが掲載!

アイソレーションタンクを紹介している古い記事を見つけました。 というか、アイソレーションタンク

記事を読む

アイソレーションタンクの効果12~学習のためのアイソレーションタンクの利用・タンク後学習~

「メガブレイン―脳の科学的鍛え方」(マイケル ハッチソン著 総合法令出版)より これまでの様々

記事を読む

アイソレーションタンクの効果11~学習のためのアイソレーションタンクの利用・タンク内学習2~

「メガブレイン―脳の科学的鍛え方」(マイケル ハッチソン著 総合法令出版)より これまでの様々

記事を読む

フローティングタンク入門ガイド

フロートセンターのお客様である、マガリさんがアイソレーションタンク(フローティングタンク)の入門ガイ

記事を読む

アイソレーションタンクと感覚遮断研究の歴史(1)

アイソレーションタンク(「臨死体験」では、隔離タンクと表現されています)の開発に関わる感覚遮断の歴史

記事を読む

アイソレーションタンク(フローティングタンク)体験談-錯覚する脳(4)

B君の場合 視覚について ・視覚は完全に遮断されました ・目を開けた場合と閉じた場合は

記事を読む

2017年の新年あけましておめでとうございます。

新年あけましておめでとうございます。 2016年は丙申の年で「専門家

水曜日のカンパネラ・コムアイさんの体験談

水曜日のカンパネラの主演・歌唱担当コムアイさんのアイソレーションタンク

閉所恐怖症とアイソレーションタンク

知り合いからの問い合わせで、 「閉所恐怖症なんですが大丈夫ですか

no image
Leena KROHN(レーナ・クルーン)著「偽窓」

「偽窓」という面白い小説を手に入れました。 著者はLeena K

フローティングタンク入門ガイド

フロートセンターのお客様である、マガリさんがアイソレーションタンク(フ

→もっと見る

PAGE TOP ↑