*

パラメモリー、アルファシータ

実はつい最近MegaBrain(Michael Hutchison著)の翻訳本が出ていることに気がつきました。(14年も前に出ていました)
メガブレイン―脳の科学的鍛え方( マイケル ハッチソン 総合法令出版
41T5AM8KK6L

この本は、1986年初版発行以来、全米ベストセラー。その後、世界各国でも大反響となり、「ブレインマシンのバイブル」と称されました。また、これをきっかけに、数多くのブレインマシンが世に広まり、『ニューズウィーク』、『ウォールストリート・ジャーナル』でも紹介され、一大ブームを巻き起こしました。
日本でも90年前後における書籍や雑誌等での脳機能に関する文章で、出典として引用されていて本の存在は知っていたのですが、翻訳本が無くて残念に思ったのを覚えています。その頃に出版されていれば大ヒットになったと思うのですが。。。残念ですね。
で、この本を読むと、ブレインマシン(マインドマシン)による、シータ波の生成とシータ波が、記憶力を高め、創造的思考の源になると絶賛しています。
そこで思い出したのが、表題の「パラメモリー」・「アルファシータ」です。
simimages (1)
初期の商品名が「パラメモリー」、その後の商品名が「アルファシータ」で、発明者の政木和三工学博士(1916年-2002年)は、大脳生理学に基づいて独自に大脳活性化のメカニズムを研究。 人間が、精神的に安定する音と、それに対しての周波数差を持つ音を、左右の耳に同時に送信することにより「中枢性うなり現象」が発生し、周波数差に近い脳波が生まれることを発見。この成果を活用して、明晰な頭脳環境づくりを手助けする、この脳波低下誘導装置を開発しました。いわゆる、ヘミシンクで有名なバイノーラルビートですね。
で、昔は高価な機器を購入しないと体験できなかったのですが、最近はCDがあったり、YouTubeで無料でバイノーラルビートの音源を確保できたりします。そんな中、故 政木和三博士が発明された技術(過去に「アルファ・シータ」として製品化されていた技術)をアプリで再現したものがありました。しかもなんと無料です!頭が良くなりたい人はちょっと使ってみればどうでしょうか。

GeniLax Lite

・ダウンロード (Android版)
・ダウンロード (iOS版)

screen320x480

関連記事

アイソレーションタンク(フローティングタンク)体験談-錯覚する脳(3)

「錯覚する脳」(ちくま文庫)前野隆司著からの抜粋です。 A君の場合 視覚について アイソレ

記事を読む

自己受容感覚(第六感)とは

自己受容感覚とは、動作においてバランス、位置、緊張を感知する感覚です。 五感は一般的に、聴覚、

記事を読む

アイソレーションタンク(フローティングタンク)体験談-錯覚する脳(6)

最後に著者である慶応義塾大学大学院教授の前野隆司氏の体験と考察を何度かに分けて取り上げたいと思います

記事を読む

アイソレーションタンクの購入について2

タンクの価格について、 最新のプライスリストはこちらから入手します。 samadhitank

記事を読む

アイソレーションタンクと感覚遮断研究の歴史(6)

さて、このリリー博士のアイソレーションタンク(隔離タンク)はかなり有名になり、多くの人が実験に利用し

記事を読む

アイソレーションタンクとは?(7)

さて、 エプソムソルトの飽和水溶液の温度は摂氏34度程度と説明しましたが、 塩分(エプソ

記事を読む

九州にアイソレーションタンク!

世界のアイソレーションタンク(フローティングタンク)は、こちらのURLで検索が出来ます。 ht

記事を読む

アイソレーションタンクとは?(4)

さて、アイソレーションタンクの重さはどれくらいになるのでしょうか? 構成要素は、 1.タ

記事を読む

瞑想とアイソレーションタンク

初めてのタンク体験の翌々日に、2回目のフローティングを申し込まれた方に初回の感想を聞いたところ

記事を読む

アイソレーションタンクの効果5~右脳へのアクセス向上~

「メガブレイン―脳の科学的鍛え方」(マイケル ハッチソン著 総合法令出版)より アイソレーショ

記事を読む

2017年の新年あけましておめでとうございます。

新年あけましておめでとうございます。 2016年は丙申の年で「専門家

水曜日のカンパネラ・コムアイさんの体験談

水曜日のカンパネラの主演・歌唱担当コムアイさんのアイソレーションタンク

閉所恐怖症とアイソレーションタンク

知り合いからの問い合わせで、 「閉所恐怖症なんですが大丈夫ですか

no image
Leena KROHN(レーナ・クルーン)著「偽窓」

「偽窓」という面白い小説を手に入れました。 著者はLeena K

フローティングタンク入門ガイド

フロートセンターのお客様である、マガリさんがアイソレーションタンク(フ

→もっと見る

PAGE TOP ↑