*

パラメモリー、アルファシータ

実はつい最近MegaBrain(Michael Hutchison著)の翻訳本が出ていることに気がつきました。(14年も前に出ていました)
メガブレイン―脳の科学的鍛え方( マイケル ハッチソン 総合法令出版
41T5AM8KK6L

この本は、1986年初版発行以来、全米ベストセラー。その後、世界各国でも大反響となり、「ブレインマシンのバイブル」と称されました。また、これをきっかけに、数多くのブレインマシンが世に広まり、『ニューズウィーク』、『ウォールストリート・ジャーナル』でも紹介され、一大ブームを巻き起こしました。
日本でも90年前後における書籍や雑誌等での脳機能に関する文章で、出典として引用されていて本の存在は知っていたのですが、翻訳本が無くて残念に思ったのを覚えています。その頃に出版されていれば大ヒットになったと思うのですが。。。残念ですね。
で、この本を読むと、ブレインマシン(マインドマシン)による、シータ波の生成とシータ波が、記憶力を高め、創造的思考の源になると絶賛しています。
そこで思い出したのが、表題の「パラメモリー」・「アルファシータ」です。
simimages (1)
初期の商品名が「パラメモリー」、その後の商品名が「アルファシータ」で、発明者の政木和三工学博士(1916年-2002年)は、大脳生理学に基づいて独自に大脳活性化のメカニズムを研究。 人間が、精神的に安定する音と、それに対しての周波数差を持つ音を、左右の耳に同時に送信することにより「中枢性うなり現象」が発生し、周波数差に近い脳波が生まれることを発見。この成果を活用して、明晰な頭脳環境づくりを手助けする、この脳波低下誘導装置を開発しました。いわゆる、ヘミシンクで有名なバイノーラルビートですね。
で、昔は高価な機器を購入しないと体験できなかったのですが、最近はCDがあったり、YouTubeで無料でバイノーラルビートの音源を確保できたりします。そんな中、故 政木和三博士が発明された技術(過去に「アルファ・シータ」として製品化されていた技術)をアプリで再現したものがありました。しかもなんと無料です!頭が良くなりたい人はちょっと使ってみればどうでしょうか。

GeniLax Lite

・ダウンロード (Android版)
・ダウンロード (iOS版)

screen320x480

関連記事

ジョン・C・リリー博士のインタビュー

アイソ-レーションタンクを作ったジョン・C・リリー博士のインタビューです。 ■ 現代ジャーナル 「

記事を読む

アイソレーションタンク(感覚遮断タンク)体験談-錯覚する脳(1)

「錯覚する脳」(ちくま文庫)前野隆司著には、慶應義塾大学大学院教授の前野氏と研究室の研究員や学生の3

記事を読む

アイソレーションタンクの効果2~ストレスに対する抵抗力の強化~

「メガブレイン―脳の科学的鍛え方」(マイケル ハッチソン著 総合法令出版)より アイソレーショ

記事を読む

魂の再起動~魂の声に?耳を澄まし、未来を見通す方法~

「魂の再起動」高城剛著マガジンハウス刊 にアイソレーションタンクの話が出てるので紹介したいと思

記事を読む

アイソレーションタンクと感覚遮断研究の歴史(6)

さて、このリリー博士のアイソレーションタンク(隔離タンク)はかなり有名になり、多くの人が実験に利用し

記事を読む

アイソレーションタンクと感覚遮断研究の歴史(5)

もう少しリリー博士の実験報告を記載します。 「この暗闇の静かな環境の中で、他人が私と共にいるよ

記事を読む

アイソレーションタンクと感覚遮断研究の歴史(7)

リリー博士は臨死体験者です。しかも、三度も臨死体験をし、その度に同じイメージを見たという珍しい人なの

記事を読む

アイソ-レションタンクと感覚遮断の研究の歴史(2)

次にプリンストン大学のジャック・ヴァーノンは、もっと完全な感覚遮断状況を作り出そうとして、完全防音で

記事を読む

アイソ-レションタンクと感覚遮断の研究の歴史(4)

ジョン・C・リリー博士は半年かけて装置を開発し、1954年の暮れから自分自身を被験者にして実験を開始

記事を読む

アイソレーションタンクとは?(2)

アイソレーションタンクの大きさは、 ■i-sopodの場合 本体 幅 170cm 

記事を読む

2017年の新年あけましておめでとうございます。

新年あけましておめでとうございます。 2016年は丙申の年で「専門家

水曜日のカンパネラ・コムアイさんの体験談

水曜日のカンパネラの主演・歌唱担当コムアイさんのアイソレーションタンク

閉所恐怖症とアイソレーションタンク

知り合いからの問い合わせで、 「閉所恐怖症なんですが大丈夫ですか

no image
Leena KROHN(レーナ・クルーン)著「偽窓」

「偽窓」という面白い小説を手に入れました。 著者はLeena K

フローティングタンク入門ガイド

フロートセンターのお客様である、マガリさんがアイソレーションタンク(フ

→もっと見る

PAGE TOP ↑