*

アイソレーションタンクの効果9~ヴィジュアライゼーション[積極的視覚化]追加編~

LINEで送る
Pocket

「メガブレイン―脳の科学的鍛え方」(マイケル ハッチソン著 総合法令出版)より

アイソレーションタンクの研究は、科学的な人間が切に望む「信頼できるデータ」、「主観の入っていない統計値」、「再現可能な客観的研究」、それらを、提供することになります。その結果、アイソレーションタンクの研究は、認知心理学者、神経内分泌学者、教育学者、精神科医といった、人間の心の働きに関心を持つ多くの科学者たちによって、近年大きな高まりをみせました。そして同じくらい大量のフローティング(アイソレーションタンクによる浮遊)と感覚遮断の効果に関する情報が、これらの科学者たちによって提供されています。彼らが見つけたアイソレーションタンクの効果には、以下のようなものが挙げられます。

ヴィジュアライゼーション[積極的視覚化]

~ 自分が何かをうまくしているところを思い描くことは、その活動を実際に行うのと同じくらい効果がある ~

 ヴィジュアライゼーションによるスポーツ選手のトレーニング学習は、運動競技に限られるものではないと、ボーリーやグラウバーマンは強調しています。サイードが行った心の中でのリハーサルは、手術をする、スピーチ、あるいはプレゼンテーションをする、芝居やバレーの役を演じるといった、複雑な状況下でも、同じように効果を発揮します。
学習能力および創造力の増大。ヴィジュアライゼーションと学習能力との密接な関係は、厳しい管理のもと、テキサスA&M大学で最近行われた大規模な研究によって明らかになっています。化学教授トーマス・テイラーは、二つのグループの学習・思考能力をテストしました。
一方のグループは、暗い部屋の中、リラックスしている状態で、学習素材を聞きました。もう一方のグループは、同じ学習素材をアイソレーションタンクの中で聞きました。その後、両方のグループがEEG(Electroencephalogram)にかけられ、どれだけ学習したかが試されました。テストは、徐々に難易度を増していく、以下の三つのレベルで行われました。
1.単純な記憶力テスト
2.新たな状況や問題に対応する応用力テスト
3.学習した知識を、オリジナルな方法で組み合わせる総合力思考能力テスト
結果は驚くべきものでした。タンク内のフローティンググループは、どのレベルにおいても、フローティングしなかったグループに比べ、はるかに多くのことを学習していたのです。しかし何より重要なのは、学習課題の難度、複雑さが増すにつれ、”フローティング状態で学習したグループ”と”そうでないグループ”の差が、急激に増大したということです。
テイラーはこう結論づけました。
「フローティングしたグループの方が、より多く学習したことについては、疑いの余地はありません。このテストで最も重要なのは、どんな環境で学習したかということです。研究結果は、概念が難しければ難しいほど、二つのグループの格差が広がることを示していました」
興味深いことに、テイラーは、被験者グループをテストし、誰が「ヴィジュアライザー[ヴィジュアライゼーションによって認知を行う]」で、誰が「ヴァーバライザー[言語により認知を行う]」であるかを調べていました(たとえば電話番号を覚えるとき、写真を撮るように視覚的に覚えるのが「ヴィジュアライザー」。頭の中で数字を読み、音として覚えるのが「ヴァーバライザー」です)。
彼は、こう結論づけています。
「基本的に視覚的な『ヴィジュアライザー』である人々と、言葉により考える『コンセプチャライザー【(ヴァーバライザー)】』である人々とを比較し、同じ学習記録を分析すると、ヴィジュアライザーのほうがコンセプチャライザーよりも学習力がすぐれていました」
フローティングしたグループも、しなかったグループもヴィジュアライザーの数は同じであったため、テイラーは、フローティングしたグループは、しなかったグループに比べ、うまくヴィジュアライズに成功したと思いました。EEGから、フローティングしたグループは、強烈な心的イメージに関連づけられるシータ波も、はるかに多く生成していることがわかりました。
要約するとこうなります。
フローティングによって、ヴィジュアライゼーション能力が高まる。ヴィジュアライゼーションによって、あらゆるレベルの学習能力が増大する。フローティングによる学習能力の増大幅は、学習素材の難度や複雑性が増すにつれて大きくなり、独創的、総合的思考力は、フローティングにより急激に増大する。
フローティングは、様々な形で心的機能を増大させ、また、心と体がお互いに作用し会う道筋をつけているようです。その方法の多様さゆえに、オハイオ医科大学の研究者、トム・ファインは、アイソレーションタンクを、「精神生物学を大きく進展させる道具」と呼んでいます。

アイソレーションタンクは究極の学習マシンでもあるようですね。

関連記事

【エハン塾】John C. Lilly 博士と感覚遮断タンク

意識研究家・講演家・作家・世界探検家である、エハン・デラヴィ氏が主催する「エハン塾」にて、アイソレー

記事を読む

アイソレーションタンクの効果3~深いリラクゼーション~

「メガブレイン―脳の科学的鍛え方」(マイケル ハッチソン著 総合法令出版)より アイソレーショ

記事を読む

アイソレーションタンクの効果8~ヴィジュアライゼーション[積極的視覚化]後半~

「メガブレイン―脳の科学的鍛え方」(マイケル ハッチソン著 総合法令出版)より アイソレーショ

記事を読む

アイソレーションタンクとは?(2)

アイソレーションタンクの大きさは、 ■i-sopodの場合 本体 幅 170cm 

記事を読む

アイソレーションタンクとは?(フローティングタンクとは?)(1)

日本で入れるアイソレーションタンク(フローティングタンク・SensoryDeprivationTan

記事を読む

アイソレーションタンク(感覚遮断タンク)体験談-錯覚する脳(1)

「錯覚する脳」(ちくま文庫)前野隆司著には、慶應義塾大学大学院教授の前野氏と研究室の研究員や学生の3

記事を読む

アイソ-レションタンクと感覚遮断の研究の歴史(2)

次にプリンストン大学のジャック・ヴァーノンは、もっと完全な感覚遮断状況を作り出そうとして、完全防音で

記事を読む

アイソレーションタンクの効果7~ヴィジュアライゼーション[積極的視覚化]前半~

「メガブレイン―脳の科学的鍛え方」(マイケル ハッチソン著 総合法令出版)より アイソレーショ

記事を読む

アイソレーションタンクの効果2~ストレスに対する抵抗力の強化~

「メガブレイン―脳の科学的鍛え方」(マイケル ハッチソン著 総合法令出版)より アイソレーショ

記事を読む

アイソレーションタンクと感覚遮断研究の歴史(7)

リリー博士は臨死体験者です。しかも、三度も臨死体験をし、その度に同じイメージを見たという珍しい人なの

記事を読む

2017年の新年あけましておめでとうございます。

新年あけましておめでとうございます。 2016年は丙申の年で「専門家

水曜日のカンパネラ・コムアイさんの体験談

水曜日のカンパネラの主演・歌唱担当コムアイさんのアイソレーションタンク

閉所恐怖症とアイソレーションタンク

知り合いからの問い合わせで、 「閉所恐怖症なんですが大丈夫ですか

no image
Leena KROHN(レーナ・クルーン)著「偽窓」

「偽窓」という面白い小説を手に入れました。 著者はLeena K

フローティングタンク入門ガイド

フロートセンターのお客様である、マガリさんがアイソレーションタンク(フ

→もっと見る

PAGE TOP ↑