*

アイソレーションタンクの効果2~ストレスに対する抵抗力の強化~

「メガブレイン―脳の科学的鍛え方」(マイケル ハッチソン著 総合法令出版)より

アイソレーションタンクの研究は、科学的な人間が切に望む「信頼できるデータ」、「主観の入っていない統計値」、「再現可能な客観的研究」、それらを、提供することになります。その結果、アイソレーションタンクの研究は、認知心理学者、神経内分泌学者、教育学者、精神科医といった、人間の心の働きに関心を持つ多くの科学者たちによって、近年大きな高まりをみせました。そして同じくらい大量のフローティング(アイソレーションタンクによる浮遊)と感覚遮断の効果に関する情報が、これらの科学者たちによって提供されています。彼らが見つけたアイソレーションタンクの効果には、以下のようなものが挙げられます。

ストレスに対する抵抗力の強化

~フローティングの効果は持続する~

 私たちは皆、一定レベルのストレスには耐えられるようになっています。しかし、ストレスが心身の調子を狂わせ始めるレベルは人によって違います。

抵抗力が人によって違うのは、脳の”視床下部プログラム”に原因があります。視床下部では、神経に降りかかってくるストレスの認識を行っているからです。視床下部は、外からのストレスに対し、体がその均衡を維持するのを助けようと働く、ホメオスタティック・メカニズムとして作用しています。なかには、ストレスに対するホメオスタティック・メカニズムが、他の人と比べて非常に敏感な人もいます。つまりホメオスタティック・メカニズムの、いわゆる「セットポイント[設定値]」が低い人がいるのです。

このように考えて見ると、オハイオ医科大学の神経内分泌学者ジョン・ターナー及び心理学者トム・ファインの研究が、示している結果は非常に意義深いことです。つまり、フローティングの効果は、”ストレス性の「生科学物質レベル」を大きく下げる”だけではない。被験者が最後にフローティング後、何日間も、”ストレス性生科学物質の低下が続く効果”がある。その効果を彼らは「持続効果」と呼んでいます。ターナーとファインはこの事実から、以下のように結論づけました。

フローティングには、「内分泌に関わるホメオスタティック・メカニズムのセットポイントを変える力」がある。「結果的にその人は副腎の働きの低下を経験することになり、それが、基本的に、リラクゼーションの高まりにつながる。」

これは強烈な見解です。なぜなら、こういうことになるからです。フローティングによる有益な効果は、単なる一時的なものではなく、代謝(あるひはホメオスタティック・メカニズムのセットポイント)を変化させ、”闘争・逃走反応を本質的に弱めるもの”である。言い換えればこういうことです。

あまりの強いプレッシャーに、はっきりと思考したり、効果的に実行できなくなっていたのが、フローティングの後では、同じプレッシャーでも以前ほどストレスに感じられなくなる。つまり「フローティングは、ストレスに対する抵抗力を増す」ひとつの手段なのです。

たしかにタンクに入り続けているとだんだんいろんな事が気にならなくなり、流れに任せるというか、アクシデントがあったとしてもそれを楽しめるようになってきますね。
p0700057

関連記事

2017年の新年あけましておめでとうございます。

新年あけましておめでとうございます。 2016年は丙申の年で「専門家によると、丙申は「革命」の年」

記事を読む

自己受容感覚(第六感)とは

自己受容感覚とは、動作においてバランス、位置、緊張を感知する感覚です。 五感は一般的に、聴覚、

記事を読む

アイソレーションタンクとは?(6)

それではエプソムソルトは水(お湯)にどれだけ溶けるのでしょうか? 先に重量のところで説明したよ

記事を読む

アイソレーションタンクとは?(フローティングタンクとは?)(1)

日本で入れるアイソレーションタンク(フローティングタンク・SensoryDeprivationTan

記事を読む

アイソレーションタンク(フローティングタンク)体験談-錯覚する脳(6)

最後に著者である慶応義塾大学大学院教授の前野隆司氏の体験と考察を何度かに分けて取り上げたいと思います

記事を読む

アイソレーションタンクの購入について2

タンクの価格について、 最新のプライスリストはこちらから入手します。 samadhitank

記事を読む

アイソレーションタンクと感覚遮断研究の歴史(8)

二人のガイドをどう解釈するかはともかく、このような意識の領域が存在することに興味を引かれて,リリーは

記事を読む

アイソレーションタンクの効果8~ヴィジュアライゼーション[積極的視覚化]後半~

「メガブレイン―脳の科学的鍛え方」(マイケル ハッチソン著 総合法令出版)より アイソレーショ

記事を読む

アイソレーションタンク(フローティングタンク)体験談-錯覚する脳(2)

続き  リリー博士自身は、このタンクに入る事によって、宗教的悟りの境地のような、夢を見ているような

記事を読む

アイソレーションタンクと感覚遮断研究の歴史(9)

最後に立花隆氏のアイソレーションタンク(フローティングタンク)の体験談を「臨死体験(下)」(文春文庫

記事を読む

2017年の新年あけましておめでとうございます。

新年あけましておめでとうございます。 2016年は丙申の年で「専門家

水曜日のカンパネラ・コムアイさんの体験談

水曜日のカンパネラの主演・歌唱担当コムアイさんのアイソレーションタンク

閉所恐怖症とアイソレーションタンク

知り合いからの問い合わせで、 「閉所恐怖症なんですが大丈夫ですか

no image
Leena KROHN(レーナ・クルーン)著「偽窓」

「偽窓」という面白い小説を手に入れました。 著者はLeena K

フローティングタンク入門ガイド

フロートセンターのお客様である、マガリさんがアイソレーションタンク(フ

→もっと見る

PAGE TOP ↑