*

アイソレーションタンクの効果6~被暗示性の高まり~

「メガブレイン―脳の科学的鍛え方」(マイケル ハッチソン著 総合法令出版)より

アイソレーションタンクの研究は、科学的な人間が切に望む「信頼できるデータ」、「主観の入っていない統計値」、「再現可能な客観的研究」、それらを、提供することになります。その結果、アイソレーションタンクの研究は、認知心理学者、神経内分泌学者、教育学者、精神科医といった、人間の心の働きに関心を持つ多くの科学者たちによって、近年大きな高まりをみせました。そして同じくらい大量のフローティング(アイソレーションタンクによる浮遊)と感覚遮断の効果に関する情報が、これらの科学者たちによって提供されています。彼らが見つけたアイソレーションタンクの効果には、以下のようなものが挙げられます。

被暗示性の高まり

~ 情報に飢えた脳は、メッセージを100%受け止める ~

 フローティングによって、被暗示性が大きく高まることについては、今では圧倒的な証拠があります。これは、タンクの中で受け取る情報は、それがフローティング中に与えられる聴覚的・視覚的情報であろうが、心の中で唱える暗示であろうが、すべて、完全に受け入れられるということです。これは、シータ波が増大し、右半球(右脳)へのアクセスが向上し、両半球(右脳と左脳)がシンクロナイズした脳波の変性状態が原因となっています。
もう一つ、被暗示性の高まりを説明するものとして、「刺激欲」効果を挙げることができます。外的刺激がないと、網様体賦活システム※は脳のボリュームを「調節」し、脳は情報に「飢えた」状態になります。したがって、メッセージが与えられると、脳はそのメッセージを100%受け止め、吸収しようとします。
また、刺激が制限されたタンクの中では、入ってくる情報の批判的な評価を受け持つ脳の部位が停止するため、メッセージは、通常であれば働いている倫理的フィルターを、回避することができ、直接無意識下に入れられます。実際、「催眠」の使用に長年の実績があるニューヨークのセラピスト、ロイド・グラウパーマン博士は、こう私に言いました(彼は今、内側にスピーカーの付いたアイソレーションタンクを利用して、スポーツ選手をトレーニングしています)。
アイソレーションタンクは、催眠療法よりはるかに効果的です。私が被験者をトランス状態に誘導しなくても、ただ浮いているだけで、催眠より暗示にかかりやすくなります」
ブリティッシュ・コロンビア大学等で行われたいくつかの研究では、タンク内での暗示には、独特の「持続効果」があり、暗示の力は何ヶ月間も、研究によっては何年間も、続くことが示されています

フロートセンターのタンクにもスピーカーシステムが付いていますので、音声データをCDで持ってきてもらえればタンクの中で利用できます。(ただし、2回目以降)

※網様体賦活システム(系)の役割は,大脳皮質に興奮を伝えることであり,その結果,覚醒,意識水準の維持をすることにあります。

関連記事

リラックスの延長に「生きていくことのリセットスイッチがある」

私たちフロートセンターがリラックスの場を提供するのはなぜか? 現在私が1年間を通して勉強している潜

記事を読む

フローティングタンク入門ガイド

フロートセンターのお客様である、マガリさんがアイソレーションタンク(フローティングタンク)の入門ガイ

記事を読む

魂の螺旋ダンス

「魂の螺旋ダンス」第三書館 長澤靖浩著 にアイソレーションタンクの事が書いてありました。 スウェ

記事を読む

アイソレーションタンクの効果10~学習のためのアイソレーションタンクの利用・タンク内学習~

「メガブレイン―脳の科学的鍛え方」(マイケル ハッチソン著 総合法令出版)より これまでの様々

記事を読む

瞑想とアイソレーションタンク

初めてのタンク体験の翌々日に、2回目のフローティングを申し込まれた方に初回の感想を聞いたところ

記事を読む

ヘミシンクより強力な脳波誘導効果/Brain Sound Quest

Brain Sound Quest(BSQ)は、最新の7つの脳波同調テクニックを使った特殊な音声ファ

記事を読む

アイソレーションタンクの効果9~ヴィジュアライゼーション[積極的視覚化]追加編~

「メガブレイン―脳の科学的鍛え方」(マイケル ハッチソン著 総合法令出版)より アイソレーショ

記事を読む

素敵なデジタルデザイン&イラストとアイソレーションタンク体験記

上記のような素敵なデジタルデザイン&イラストを作成されているasuka様が年末にお見えになり

記事を読む

アイソレーションタンクと感覚遮断研究の歴史(9)

最後に立花隆氏のアイソレーションタンク(フローティングタンク)の体験談を「臨死体験(下)」(文春文庫

記事を読む

アイソレーションタンクと感覚遮断研究の歴史(6)

さて、このリリー博士のアイソレーションタンク(隔離タンク)はかなり有名になり、多くの人が実験に利用し

記事を読む

2017年の新年あけましておめでとうございます。

新年あけましておめでとうございます。 2016年は丙申の年で「専門家

水曜日のカンパネラ・コムアイさんの体験談

水曜日のカンパネラの主演・歌唱担当コムアイさんのアイソレーションタンク

閉所恐怖症とアイソレーションタンク

知り合いからの問い合わせで、 「閉所恐怖症なんですが大丈夫ですか

no image
Leena KROHN(レーナ・クルーン)著「偽窓」

「偽窓」という面白い小説を手に入れました。 著者はLeena K

フローティングタンク入門ガイド

フロートセンターのお客様である、マガリさんがアイソレーションタンク(フ

→もっと見る

PAGE TOP ↑