*

アイソレーションタンクの効果14~学習のためのアイソレーションタンクの利用・タンク前学習・その2~

LINEで送る
Pocket

「メガブレイン―脳の科学的鍛え方」(マイケル ハッチソン著 総合法令出版)より

これまでの様々な研究の結果、たくさんの科学者および教育学者たちが、アイソレーションタンクはもしかしたら革命的な加速学習ツールかもしれないと気づき、今では、アメリカ、カナダ、ヨーロッパ、日本のあちこちの学校、大学、そして250を超えるフロート・センターで(1986年現在)、学習目的のために、アイソレーションタンクが利用されています。

記憶に感謝・学習のためのアイソレーションタンクの利用

~ 利用中に学習する、学習の前後に利用する ~

タンク前学習

脳内におけるタンパク質合成のひとつの形は、”構造的発達”です。
つまり、樹状突起の成長、樹状突起棘やシナプスの新たな形成です。既に見てきたように、この種のタンパク質合成は、まず、カリフォルニア大学バークレー校のマーク・ローゼンツヴァイクおよびマリアン・ダイアモンド、そして彼らの同僚らにより発見されました。彼らは、多くの刺激を含む環境下に置かれたラットが、大脳皮質の層を、より重く、より厚くすることに気づきました。それらのラットの大脳皮質では、ニューロンが大きくなり、膠細胞が増え、樹状突起が長くなり、樹状突起の接合が増えていました。

その後行われたいくつかの研究では、ほんの数分間多くの刺激を含む環境下に置くだけで、永久的な脳の成長を引き起こすには十分であることが示されています。つまり、短期的な刺激でも、タンパク質合成につながりうるのです。イリノイ大学のウィリアム・グリーノーによる研究では、迷路を走るように訓練されたラットが、訓練直後に、樹状突起の成長を示すことが明らかになっています。つまり、脳の発達は、学習に特有の反応なのです。

タンパク質の合成が脳内で起きなければ、学習や長期記憶は起こりません。脳内におけるタンパク質合成(樹状突起・軸索の成長、膠細胞の増加、樹状突起の接合数・接合量の増大)は、学習の、直接的な結果です。つまり、”脳の成長”が「学習や記憶」を促進させ、逆に「学習や記憶」が”脳の成長”と繋がっているのです。このように「記憶や学習」は、脳の物理的変化と切り離せないのです。ローゼンツヴァイクとその同僚らは、環境の良化が、「脳の物理的発達」と、「記憶力および学習能力の増大」につながることを証明しました。今では、脳の物理的発達は、学習プロセス及び記憶の増大プロセスと、本質的に同義であることがわかっています。プリゴジンの言葉を借りれば、エネルギーが「新たな情報、体験」の形で系に入るとき、そのエネルギーは「系の構造、組織の変化」、つまり、”脳の発達”という手段を経ない限り、統合されることはないのです。

感覚遮断の実験を行った研究者たちが示した、「回想効果」に話を戻せば、こう推測することができます。情報を受け取った後、感覚遮断を受けたグループは、「元の情報」と競合する「新たな情報」が入ってこなかった、その結果、回想効果が起こった。同様に、アルコールを少量摂取したグループが、より多くのことを記憶したのは、以下が原因と言えます。

つまり、彼らはほろ酔い気分になり、脳のスイッチを切ったため、その後入ってくる刺激をシャットアウトした。その結果、元の情報が、「凝固」する十分な時間を得られた。

アイソレーションタンクを使う人々は、明らかに、この「回想効果」をあらゆる学習にうまく利用できそうです。長期記憶にしたい情報は、何であれ、タンクに入る直前に学習すればよい(あるいは、動画や音声の形で、フローティングの初期段階に示せば良い)のです。その後訪れる感覚遮断の時間(最低1時間)に、必要なタンパク質合成が脳内で起こり、その結果情報は固定化し、長期記憶として留まるはずです。

なんとも素晴らしい!
長期記憶にしたい情報は、何であれ、タンクに入る直前に学習すればよい!!

もう少し続きます。

kioku

関連記事

アイソレーションタンクの効果15~学習のためのアイソレーションタンクの利用・タンク前学習・その3~

「メガブレイン―脳の科学的鍛え方」(マイケル ハッチソン著 総合法令出版)より これまでの様々

記事を読む

アイソレーションタンク(感覚遮断タンク)体験談-錯覚する脳(1)

「錯覚する脳」(ちくま文庫)前野隆司著には、慶應義塾大学大学院教授の前野氏と研究室の研究員や学生の3

記事を読む

アイソ-レションタンクと感覚遮断の研究の歴史(3)

マギル大学(McGill University)のD・O・ヘッブの研究が行われていた頃、ジョン・C・

記事を読む

アイソレーションタンクと感覚遮断研究の歴史(5)

もう少しリリー博士の実験報告を記載します。 「この暗闇の静かな環境の中で、他人が私と共にいるよ

記事を読む

ジョン・C・リリー博士のインタビュー

アイソ-レーションタンクを作ったジョン・C・リリー博士のインタビューです。 ■ 現代ジャーナル 「

記事を読む

リラクゼーションにはGABA

リラクゼーションにGABA(ギャバ・ガンマアミノ酪酸)が有効であるという記事を見かけたので調べてみま

記事を読む

【エハン塾】John C. Lilly 博士と感覚遮断タンク

意識研究家・講演家・作家・世界探検家である、エハン・デラヴィ氏が主催する「エハン塾」にて、アイソレー

記事を読む

アイソレーションタンクの効果2~ストレスに対する抵抗力の強化~

「メガブレイン―脳の科学的鍛え方」(マイケル ハッチソン著 総合法令出版)より アイソレーショ

記事を読む

アイソレーションタンク(フローティングタンク)体験談-錯覚する脳(3)

「錯覚する脳」(ちくま文庫)前野隆司著からの抜粋です。 A君の場合 視覚について アイソレ

記事を読む

アイソレーションタンクの効果16~依存症・中毒の治療~

「メガブレイン―脳の科学的鍛え方」(マイケル ハッチソン著 総合法令出版)より 興奮レベルを下

記事を読む

2017年の新年あけましておめでとうございます。

新年あけましておめでとうございます。 2016年は丙申の年で「専門家

水曜日のカンパネラ・コムアイさんの体験談

水曜日のカンパネラの主演・歌唱担当コムアイさんのアイソレーションタンク

閉所恐怖症とアイソレーションタンク

知り合いからの問い合わせで、 「閉所恐怖症なんですが大丈夫ですか

no image
Leena KROHN(レーナ・クルーン)著「偽窓」

「偽窓」という面白い小説を手に入れました。 著者はLeena K

フローティングタンク入門ガイド

フロートセンターのお客様である、マガリさんがアイソレーションタンク(フ

→もっと見る

PAGE TOP ↑