Float Center(フロートセンター)は、究極のリラクゼーションを皆さんへ提供します

フロートセンターの洗剤

フロートセンターでは、界面活性剤ゼロの「パジャン」を使用しています。

洗剤

「パジャン」は界面活性剤ゼロで、洗浄液の中でメダカが泳げるほど安全!だ
からデリケートな方にも、安心。『バジャン』 の主成分である「重曹」は古く
から、お料理に、そして洗濯・掃除・歯磨き・消臭などに使われてきました。
『バジャン』は「重曹 水」を電気分解するという、まったく新しい発想から開
発された洗浄剤です。
※『バジャン』は米国・欧州(一部)・韓国・中国・インドなどで特許を取得し
ています。
界面活性剤のほか、「漂白剤」「蛍光漂白剤」「柔軟剤」「香料」「りん酸
塩」も無添加。
独自の技術で『陰イオン』を大量に発生させ、汚れをそのイオンで包み、繊維
から取り除きます。市販洗剤のように、洗剤成 分が衣類に残る心配もありませ
ん。お肌の敏感な方、オーガニックコットン製品などに最適。
バジャンの主成分は、食品添加物にも使われている重曹と炭酸塩。界面活性剤
を含まないので、環境を汚しません。 「COD」・「BOD」も、合成洗剤・
石けん洗剤に比べてわずかです。

※COD(化学的酸素要求量):水中の有機物質などが過マンガン酸カリウムに
よって化学的に酸化・分解される際に消費される酸 素量のことで、数値が大き
くなるほど汚濁していることを示す。湖沼や海域の水質汚濁の一般指標として用
いられる。
※BOD(生物化学的酸素要求量):水中の有機物質などが生物化学的に酸化・
分解される際に消費される酸素量のことで、数値が大 きくなるほど汚濁してい
ることを示す。河川の水質汚濁の一般指標として用いられる。

また、界面活性剤ゼロで泡立ちがほとんどなく、一度落とした汚れが再び付着す
る「再汚染」を防止する働きがあります。界面 活性剤は何度すすいでも成分が
残留してしまいますが、『バジャン』にはその心配がありません。
『バジャン』の主成分である重曹は洗浄作用の他に、イヤなにおいを吸い取る
消臭作用も持っています。だからほとんど無臭 です。
洗濯槽の裏側は目にふれることがないので忘れがちですが、実はカビが生えやす
い環境が整っているのをご存じですか?そのカ ビがアレルギー性皮膚炎の原因
の一つではないかと指摘する専門家もいます。石けんや洗剤は成分として界面活
性剤などの有機物を多 く含みますが、その有機物はカビ繁殖のための絶好のエ
サになります。『バジャン』は成分の約95%が炭酸塩や重炭酸塩などの無機 塩
であり、有機物はわずか5%。そのためカビや雑菌が繁殖しにくい洗浄剤となっ
ています。さらに、バジャン洗浄液中の炭酸イオン や重炭酸イオンは衣類に付
着した汚れだけでなく、洗濯槽裏側の汚れも落とす力があります。石けん・洗剤
に比べて『バジャン』は洗 濯槽裏側のカビ増殖を抑える力のある洗浄剤といえ
ます。

※ 界面活性剤とは洗剤や石けんの主成分であり、汚れを落とす主役=化学物質
です。 洗剤や石けんの主成分は「界面活性剤」でできており、使われる界面活
性剤の種類によって「石鹸」と「合成洗剤」に大別されます。合成洗剤の界面活
性剤の含 有量は20~70%あります。界面活性剤は、水と空気の境目や、水と固体
の境目、水と油の境目のような界面に吸着するという性質 があります。 吸着の
結果、界面の性質がいろいろに変化して、以下のような仕組みで汚れを落とします。

1.表面張力を小さくし、衣類を濡れやすくする

2.汚れを衣類からはがす

3.汚れが再付着しないようにする

界面活性剤は、その洗浄効果の高さから合成洗剤の主成分として長年用いられて
きましたが、今日ではそのマイナス面(人体お よび環境に与えるマイナスの影
響)が無視できないものになってきています。まず、衣類(繊維)への残留性と
いう大きな問題があり ます。これはあまり知られていないことなのですが、洗
剤で洗うと、その後どんなにすすぎ回数を増やしても、界面活性剤の一部は衣
類繊維にピッタリと張り付いたまま残ってしまいます。だから、洗剤で洗った衣
類を身につけたとき、この残留界面活性剤が私たちの 汗や皮脂に溶け出して
色々な悪さをするのです。

お気軽にお問い合わせください。 TEL 050-3558-6900 10:00~23:00

  • メールでお問い合わせはこちら
  • facebook
  • twitter
PAGETOP
Copyright © Float Center. JP All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.