*

ヘミシンクより強力な脳波誘導効果/Brain Sound Quest

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]

Brain Sound Quest(BSQ)は、最新の7つの脳波同調テクニックを使った特殊な音声ファイルで、米国トランパ社の脳波誘導に関するコマーシャル・ライセンスを得て作成した特殊サウンドです。(ブレイン・マシンや脳波誘導CDなどは1つしか使われていません) 。
従来、脳波誘導を謳っているブレイン・マシン(アルファ・シータ、マイトレーナなど)やヘミシンク、 ブレインシンクなどのCDはバイノーラル・ビートという方法を採っていました。
これに対して、BSQはバイノーラル・ビートを含めた最新の7つの手法を組み合わせて作成されています。これらの手法は従来の手法であるバイノーラル・ビートに比べて強力で、約7倍の効果があります。
しかも煩わしいヘッドホンが要らず、MP3などに圧縮しても効果が落ちません!!

Brain Sound Quest(BSQ)で使用している7つの手法のうち、ローパス・フィルター変調とピッチ変調の効果が高く、バイノーラル・ビートが最も低いという結果になっています。 初期状態では、3.2μV(マイクロボルト)程度ですので、増分でいいますとバイノーラル・ビートが0.5μV(マイクロボルト)に対してローパス・フィルター変調とピッチ変調は、3.5μV程度増加していますので、約7倍の脳波誘導効果があるといえます。

bsqbrainwave

詳細はこちらのサイトでどうぞ。「Brain Sound Quest 脳波誘導Soundの決定版」

 フロートセンターでは「瞑想」というタイトルのCDを用意しています。これは、「あなたを何十年も修行した禅僧やヨガの行者と同じ脳波状態にして、深い瞑想状態に導きます。」というものです。
 このCDの脳波誘導パターンは、約12分かけてゆっくりとベータ波からシータ波まで誘導された後、約40分間シータ波の状態が保持されます。最後の8分間で通常の意識状態に戻すように脳波をベータ波まで上げていきます。シータ波の状態のときは、一定の周波数がずっと続くのではなくて、独特のリズムで5.5Hzから6.5Hzの間で上下するようになっております。との事。

実際にタンクで聞いてみましたが、体はリラックスしながら、頭の方は集中した状態になり、終わった後は頭が爽快になりました。初回の方はご利用できませんが、2回目以降であればタンクでのCD試聴が可能です。

関連記事

2017年の新年あけましておめでとうございます。

新年あけましておめでとうございます。 2016年は丙申の年で「専門家によると、丙申は「革命」の年」

記事を読む

アイソレーションタンクの効果6~被暗示性の高まり~

「メガブレイン―脳の科学的鍛え方」(マイケル ハッチソン著 総合法令出版)より アイソレーショ

記事を読む

アイソレーションタンクの30分で人生が変わった!

イースト・プレス出版から出ている「劇的クリエイティブ講座」に、佐藤可士和氏と水口哲也氏の対談があり(

記事を読む

アイソレーションタンク(フローティングタンク)体験談-錯覚する脳(6)

最後に著者である慶応義塾大学大学院教授の前野隆司氏の体験と考察を何度かに分けて取り上げたいと思います

記事を読む

魂の再起動~魂の声に?耳を澄まし、未来を見通す方法~

「魂の再起動」高城剛著マガジンハウス刊 にアイソレーションタンクの話が出てるので紹介したいと思

記事を読む

アイソレーションタンクとは?(7)

さて、 エプソムソルトの飽和水溶液の温度は摂氏34度程度と説明しましたが、 塩分(エプソ

記事を読む

水曜日のカンパネラ・コムアイさんの体験談

水曜日のカンパネラの主演・歌唱担当コムアイさんのアイソレーションタンク体験談を発見しました! ――

記事を読む

アイソレーションタンクの効果15~学習のためのアイソレーションタンクの利用・タンク前学習・その3~

「メガブレイン―脳の科学的鍛え方」(マイケル ハッチソン著 総合法令出版)より これまでの様々

記事を読む

アイソレーションタンク(感覚遮断タンク)体験談-錯覚する脳(1)

「錯覚する脳」(ちくま文庫)前野隆司著には、慶應義塾大学大学院教授の前野氏と研究室の研究員や学生の3

記事を読む

ジョン・C・リリー博士のインタビュー

アイソ-レーションタンクを作ったジョン・C・リリー博士のインタビューです。 ■ 現代ジャーナル 「

記事を読む

2017年の新年あけましておめでとうございます。

新年あけましておめでとうございます。 2016年は丙申の年で「専門家

水曜日のカンパネラ・コムアイさんの体験談

水曜日のカンパネラの主演・歌唱担当コムアイさんのアイソレーションタンク

閉所恐怖症とアイソレーションタンク

知り合いからの問い合わせで、 「閉所恐怖症なんですが大丈夫ですか

no image
Leena KROHN(レーナ・クルーン)著「偽窓」

「偽窓」という面白い小説を手に入れました。 著者はLeena K

フローティングタンク入門ガイド

フロートセンターのお客様である、マガリさんがアイソレーションタンク(フ

→もっと見る

PAGE TOP ↑