*

2017年の新年あけましておめでとうございます。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]

新年あけましておめでとうございます。
2016年は丙申の年で「専門家によると、丙申は「革命」の年」との事でしたが、フロートセンターはまさに店舗の閉鎖という変革の年でありました。年末には日本のフローティングタンクカルチャーの中心でもある岡山のHIKARIクリニックのイベントにて、まるでタンクの体感をクリニックの空間に広げたような体験も衝撃的でした。
さて心機一転、
2017年は東京のベイエリアである東雲(しののめ)のcocorodoにて月に数回受付スタッフを担当しますので是非お越しくださいませ。
現時点で確定している日程は、
1月13日(金)、1月14日(土)、1月15日(日)、1月16日(月)、1月17日(火)、1月18日(水)
1月28日(土)、1月29日(日)
となります。この他にも追加日程があれば随時ご連絡いたします。

上記日以外はcocorodoのオーナー若しくは別スタッフが担当します。(「フロートセンターor原田から知った」と申告してくださいませ)
予約は、cocorodoのHPからでも結構ですし、初期登録が面倒であれば直接フロートセンター(or原田)宛にメールもしくは、FBのメッセンジャー等でお申し込みくださいませ。
本年もアイソレーションタンク(フローティングタンク)の普及に自分なりに取り組んで行きたいと思います。どうぞよろしくお願いします。

ちなみに陰陽五行的には節分までは丙申が続いていますので、立春にも新年のご挨拶をさせて頂きます(笑)。

アイソレーションタンクによる究極のリラクゼーションスパこころ道【COCORODO】
http://cocorodo-float.com/

Jpeg

関連記事

アイソレーションタンク(フローティングタンク)体験談-錯覚する脳(3)

「錯覚する脳」(ちくま文庫)前野隆司著からの抜粋です。 A君の場合 視覚について アイソレ

記事を読む

アイソレーションタンクとは?(5)

さて、 アイソレーションタンクの中身についてですが、中に入っている液体(溶液)は硫酸マグネシウ

記事を読む

シータ波と記憶、創造的思考

メガブレイン―脳の科学的鍛え方(マイケル ハッチソン 総合法令出版)より シータ波が優勢のときは

記事を読む

アイソレーションタンクの30分で人生が変わった!

イースト・プレス出版から出ている「劇的クリエイティブ講座」に、佐藤可士和氏と水口哲也氏の対談があり(

記事を読む

アイソレーションタンク(フローティングタンク)体験談-錯覚する脳(7)

著者である慶応義塾大学大学院教授の前野隆司氏の体験と考察。その2 聴覚 つぎに聴覚について比

記事を読む

学研ムー別冊「マインドパワー」(昭和62年刊)にタンクが掲載!

アイソレーションタンクを紹介している古い記事を見つけました。 というか、アイソレーションタンク

記事を読む

アイソレーションタンクの効果10~学習のためのアイソレーションタンクの利用・タンク内学習~

「メガブレイン―脳の科学的鍛え方」(マイケル ハッチソン著 総合法令出版)より これまでの様々

記事を読む

アイソ-レションタンクと感覚遮断の研究の歴史(4)

ジョン・C・リリー博士は半年かけて装置を開発し、1954年の暮れから自分自身を被験者にして実験を開始

記事を読む

アイソレーションタンクと感覚遮断研究の歴史(8)

二人のガイドをどう解釈するかはともかく、このような意識の領域が存在することに興味を引かれて,リリーは

記事を読む

アイソレーションタンク(感覚遮断タンク)体験談-錯覚する脳(1)

「錯覚する脳」(ちくま文庫)前野隆司著には、慶應義塾大学大学院教授の前野氏と研究室の研究員や学生の3

記事を読む

2017年の新年あけましておめでとうございます。

新年あけましておめでとうございます。 2016年は丙申の年で「専門家

水曜日のカンパネラ・コムアイさんの体験談

水曜日のカンパネラの主演・歌唱担当コムアイさんのアイソレーションタンク

閉所恐怖症とアイソレーションタンク

知り合いからの問い合わせで、 「閉所恐怖症なんですが大丈夫ですか

no image
Leena KROHN(レーナ・クルーン)著「偽窓」

「偽窓」という面白い小説を手に入れました。 著者はLeena K

フローティングタンク入門ガイド

フロートセンターのお客様である、マガリさんがアイソレーションタンク(フ

→もっと見る

PAGE TOP ↑