*

アイソレーションタンク(フローティングタンク)体験談-錯覚する脳(3)

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]

「錯覚する脳」(ちくま文庫)前野隆司著からの抜粋です。

A君の場合

視覚について
アイソレーションタンク内は完全な暗闇だったと思います。アイソレーションタンクに入って数分後、意識しないと、まぶたを閉じているのか開けているのかを判断できなくなりました。これは、完全な暗闇であるため、まぶたを開けていても閉じていても見えるもの(暗闇と違い薄暗い光帯のようなもの)が同じだったためだと思います。

聴覚について
アイソレーションタンクに入っている間中、いつも自分の体内の音が聞こえてきました。体内の音というのは、例えば心臓の脈打つ音、息を吸いのどや肺に空気が入る音、胃が動く音やまぶたが動く音です。日常ほとんど意識していない音が、非常に大きく感じられたのに驚きました。

触覚について
やはり、最も遮断されにくい感覚は触覚でした。液につかっている部分とそうでない部分では感じ方に差がある事を意識してしまい、完全な触覚遮断は起こりませんでした。特にアイソレーションタンクに入ったばかりの時期には、何度か壁にぶつかり、触覚感を感じてしまいました。ただし、何も触れない状態になると、自分の体の形状がどのようになっているかの認識が多少あやふやになりました。例えば、指先の場所が大まかにしかわからなくなりました。もし、手が切断されているとしたら、同じような感じなのではないかと思いました。

その他
今回の実験で最も驚いたのは、一時間半という時間が非常に短く感じられた事です。特に、アイソレーションタンクに入ってから二十分ほど経ち、アイソレーションタンクに慣れてからは非常に早かったです。ただし、前記のとおり、まぶたの開閉の判断がほとんどできなかったため、もしかしたら寝てしまっていたのかもしれません。ただし、終了の音楽がなった際に、「起きた」という感覚はなかったため、おそらく寝てはいなかったと思います。この時間感覚のズレは、外部からの刺激がなくなると体内時計(実際に存在するというよりも概念的なものだと考えてください)も動かなくなるためなのではないかと思います。すなわち、時間の感覚も外部の刺激に付随した受動的なものだと考えることができます。例えば、現象としては逆ですが、何かに脇目もふらず集中しているときは、時間の流れははやく感じます。これと同じようなものではないかと思います。

 ちょっとアイソレーションタンクの入り方に問題があったかも知れませんね。現在フロートセンターでは、アイソレーションタンクに入った直後の波が収まるまでは両手を広げて両側の壁を押して体を支えてもらうようにしています。最初の波で体があちらこちらにぶつかると、そのことが気になってフローティングに集中できないようです。
 また、触覚が気になる場合には呼吸に集中してもらうようにアドバイスをしています。あまり細かな指導はしたくないのですが、せっかくの体験がよりいっそう効果的となるように、ほんの少しアドバイスをしていきたいと思っています。

B君の体験に続きます。

関連記事

楽園セラピー

優しく 劇的に 明日が 変わる! 「楽園セラピー」永田広美著、三笠書房 にアイソレーシ

記事を読む

アイソレーションタンクの効果16~依存症・中毒の治療~

「メガブレイン―脳の科学的鍛え方」(マイケル ハッチソン著 総合法令出版)より 興奮レベルを下

記事を読む

アイソレーションタンクと感覚遮断研究の歴史(5)

もう少しリリー博士の実験報告を記載します。 「この暗闇の静かな環境の中で、他人が私と共にいるよ

記事を読む

アイソ-レションタンクと感覚遮断の研究の歴史(4)

ジョン・C・リリー博士は半年かけて装置を開発し、1954年の暮れから自分自身を被験者にして実験を開始

記事を読む

アイソレーションタンクの効果2~ストレスに対する抵抗力の強化~

「メガブレイン―脳の科学的鍛え方」(マイケル ハッチソン著 総合法令出版)より アイソレーショ

記事を読む

アイソレーションタンクの効果12~学習のためのアイソレーションタンクの利用・タンク後学習~

「メガブレイン―脳の科学的鍛え方」(マイケル ハッチソン著 総合法令出版)より これまでの様々

記事を読む

アイソレーションタンクの効果6~被暗示性の高まり~

「メガブレイン―脳の科学的鍛え方」(マイケル ハッチソン著 総合法令出版)より アイソレーショ

記事を読む

アイソレーションタンクで国家試験合格!

フロートセンターのお客様で、 アイソレーションタンクを効果的に使って3月にあった国家試験を合格され

記事を読む

パラメモリー、アルファシータ

実はつい最近MegaBrain(Michael Hutchison著)の翻訳本が出ていることに気がつ

記事を読む

アイソレーションタンク(フローティングタンク)体験談-錯覚する脳(6)

最後に著者である慶応義塾大学大学院教授の前野隆司氏の体験と考察を何度かに分けて取り上げたいと思います

記事を読む

2017年の新年あけましておめでとうございます。

新年あけましておめでとうございます。 2016年は丙申の年で「専門家

水曜日のカンパネラ・コムアイさんの体験談

水曜日のカンパネラの主演・歌唱担当コムアイさんのアイソレーションタンク

閉所恐怖症とアイソレーションタンク

知り合いからの問い合わせで、 「閉所恐怖症なんですが大丈夫ですか

no image
Leena KROHN(レーナ・クルーン)著「偽窓」

「偽窓」という面白い小説を手に入れました。 著者はLeena K

フローティングタンク入門ガイド

フロートセンターのお客様である、マガリさんがアイソレーションタンク(フ

→もっと見る

PAGE TOP ↑