*

魂の螺旋ダンス

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]

「魂の螺旋ダンス」第三書館 長澤靖浩著
にアイソレーションタンクの事が書いてありました。

スウェット・ロッジによく似た「魂の再誕生の場としての模擬子宮」に、現代の都会では、フローテーション・タンクがある。これは棺桶のような形のもので、中に人が横たわることができる。内部は硫酸マグネシウム溶液など、人体を容易に浮かべることのできる液体で満たされている。その溶液に浮かび扉を閉めると、真っ暗になり、人はほとんどすべての感覚から遮断される。まるで無重力の宇宙空間にぽっかりと独り浮かんでいるような状態である。これだけで人は変性意識に入り始める。

この本では著者のクンダリーニ・ヨーガによるチャクラ覚醒の様子が描かれているのですが、神秘化させることなく淡々と描写されていて大変面白かったです。題名に「ダンス」という単語を選択しているのも素晴らしいですね。

関連記事

アイソレーションタンクの30分で人生が変わった!

イースト・プレス出版から出ている「劇的クリエイティブ講座」に、佐藤可士和氏と水口哲也氏の対談があり(

記事を読む

アイソレーションタンクの効果9~ヴィジュアライゼーション[積極的視覚化]追加編~

「メガブレイン―脳の科学的鍛え方」(マイケル ハッチソン著 総合法令出版)より アイソレーショ

記事を読む

瞑想とアイソレーションタンク

初めてのタンク体験の翌々日に、2回目のフローティングを申し込まれた方に初回の感想を聞いたところ

記事を読む

アイソ-レションタンクと感覚遮断の研究の歴史(3)

マギル大学(McGill University)のD・O・ヘッブの研究が行われていた頃、ジョン・C・

記事を読む

アイソレーションタンクとは?(5)

さて、 アイソレーションタンクの中身についてですが、中に入っている液体(溶液)は硫酸マグネシウ

記事を読む

アイソレーションタンクと感覚遮断研究の歴史(1)

アイソレーションタンク(「臨死体験」では、隔離タンクと表現されています)の開発に関わる感覚遮断の歴史

記事を読む

2017年の新年あけましておめでとうございます。

新年あけましておめでとうございます。 2016年は丙申の年で「専門家によると、丙申は「革命」の年」

記事を読む

アイソレーションタンクとは?(2)

アイソレーションタンクの大きさは、 ■i-sopodの場合 本体 幅 170cm 

記事を読む

【エハン塾】John C. Lilly 博士と感覚遮断タンク

意識研究家・講演家・作家・世界探検家である、エハン・デラヴィ氏が主催する「エハン塾」にて、アイソレー

記事を読む

アイソレーションタンクの効果2~ストレスに対する抵抗力の強化~

「メガブレイン―脳の科学的鍛え方」(マイケル ハッチソン著 総合法令出版)より アイソレーショ

記事を読む

2017年の新年あけましておめでとうございます。

新年あけましておめでとうございます。 2016年は丙申の年で「専門家

水曜日のカンパネラ・コムアイさんの体験談

水曜日のカンパネラの主演・歌唱担当コムアイさんのアイソレーションタンク

閉所恐怖症とアイソレーションタンク

知り合いからの問い合わせで、 「閉所恐怖症なんですが大丈夫ですか

no image
Leena KROHN(レーナ・クルーン)著「偽窓」

「偽窓」という面白い小説を手に入れました。 著者はLeena K

フローティングタンク入門ガイド

フロートセンターのお客様である、マガリさんがアイソレーションタンク(フ

→もっと見る

PAGE TOP ↑