*

VVマガジン vol.18 に掲載されました!

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]

株式会社ヴィレッジヴァンガードコーポレーション【2769】が発行する、フリーペーパー「V V magazine vol.18」にフロートセンターの取材記事を掲載していただきました。ありがとうございます!

CXR_ttKUwAA13K6新規ドキュメント_1

関連記事

身体と意識の分離瞑想・完全リラクゼーション瞑想

プレクシャ・メディテーション(プレクシャ・ディヤーナ、知覚瞑想法)という瞑想法があります。これは、今

記事を読む

アイソレーションタンク(フローティングタンク)体験談-錯覚する脳(4)

B君の場合 視覚について ・視覚は完全に遮断されました ・目を開けた場合と閉じた場合は

記事を読む

「第三の脳」~自我を作る皮膚~

「第三の脳」傳田光洋著朝日出版社刊にアイソレーションタンクの話が出てきますので紹介したいと思います。

記事を読む

自己受容感覚(第六感)とは

自己受容感覚とは、動作においてバランス、位置、緊張を感知する感覚です。 五感は一般的に、聴覚、

記事を読む

アイソレーションタンク(フローティングタンク)体験談-錯覚する脳(6)

最後に著者である慶応義塾大学大学院教授の前野隆司氏の体験と考察を何度かに分けて取り上げたいと思います

記事を読む

アイソレーションタンクと感覚遮断研究の歴史(5)

もう少しリリー博士の実験報告を記載します。 「この暗闇の静かな環境の中で、他人が私と共にいるよ

記事を読む

アイソレーションタンクと感覚遮断研究の歴史(9)

最後に立花隆氏のアイソレーションタンク(フローティングタンク)の体験談を「臨死体験(下)」(文春文庫

記事を読む

フローティングタンク入門ガイド

フロートセンターのお客様である、マガリさんがアイソレーションタンク(フローティングタンク)の入門ガイ

記事を読む

アイソレーションタンク(フローティングタンク)体験談-錯覚する脳(8)

これで最後となります。 瞑想の境地 私がタンクに最も期待したのは、リリー博士のように、宗教的

記事を読む

アイソレーションタンク(フローティングタンク)体験談-錯覚する脳(2)

続き  リリー博士自身は、このタンクに入る事によって、宗教的悟りの境地のような、夢を見ているような

記事を読む

2017年の新年あけましておめでとうございます。

新年あけましておめでとうございます。 2016年は丙申の年で「専門家

水曜日のカンパネラ・コムアイさんの体験談

水曜日のカンパネラの主演・歌唱担当コムアイさんのアイソレーションタンク

閉所恐怖症とアイソレーションタンク

知り合いからの問い合わせで、 「閉所恐怖症なんですが大丈夫ですか

no image
Leena KROHN(レーナ・クルーン)著「偽窓」

「偽窓」という面白い小説を手に入れました。 著者はLeena K

フローティングタンク入門ガイド

フロートセンターのお客様である、マガリさんがアイソレーションタンク(フ

→もっと見る

PAGE TOP ↑